ウッチャンが番組内で見せた大車輪に感動の涙!魅せる50代男の姿に勇気をもらう。

スポンサーリンク
main

出典:金メダル男公式サイト

どうも、我慢できずにかさぶたを全てはがしてしまったぽけとみです。

口唇ヘルペスにかかり、薬のおかげで治りかけて全てのブツブツがかさぶたになったのですが、唇にかさぶたが何個もあるのってメチャクチャ気になるんですよ!

断るごとに触りまくっていたため、ポロリと1つが落ちたわけです。
イケるんじゃね?
という悪魔の囁きに負け、全剥がし。

えーと、ご想像の通り流血騒ぎです。
メチャクチャ痛い。
よほどのアホでない限りマネはしないと思いますが、ご注意を。

そんな状態ですもので、今日も軽いウォーキングと筋トレをして帰宅。
先日録画しておいたイッテQを流し見しながら、夕飯を作っていたわけです。

開始から数十分後。
夕飯の準備を終えた私の目からは、涙が溢れておりました。
なぜならば、ウッチャンがやってくれたからです!

 

ウッチャン大車輪に挑戦するの巻

イッテQ10周年企画として、メイン司会を務めるウッチャンが大車輪に挑戦することに。

大車輪ってのは、あの体操の鉄棒でぐるりと一回転する技のこと。
当たり前ですが、素人が簡単に出来るものではありません。

しかも、ウッチャンは現在52歳。
四十肩で悩んでいてもおかしくない年齢ですよ!

練習開始は、逆上がりから。
ウッチャンの52歳とは思えない華麗な逆上がり。
逆上がりがまともに出来たことがない私からしたら、それだけで尊敬です。
せっかくなのでとスタッフに言われて、出川のてっちゃんも挑戦しますが予想通りの失敗(笑)
いや、それが普通です(苦笑)

そこから怒涛の練習が始まるわけですが、素人は鉄棒にぶら下がるだけでも手と肩にかなりの負担がかかります。
オリンピックで見る体操選手が、あまりに軽やかに決めるもんだから忘れがちですけどね。

ウッチャンも「肩が痛い」「腕が痛い」と嘆きながらも、ひたすら猛特訓。

腕は既にアザだらけでした。

成功するか?!奇跡の大車輪!の巻

多忙なスケジュールの中練習は続き、本番直前に三日間の合宿。
素人とは思えないほどの上達ぶりで、かなりの高さまで身体が触れるようになっている!?
さすが、チェン。

温泉に入って露わになるウッチャンの上半身の凄いこと。
鉄棒で酷使した身体は、肩や腕はもちろん、胸筋や腹筋も引き締まってそらぁかっちょよかったです。
52歳で、あんな引き締まった理想的な身体でいれるなんて凄すぎる。
ウッチャンが若いのは、やっぱりこの引き締まった身体があってこそ。
改めて、肉体改造を心に誓った瞬間。

そして、いざ本番の日。
体力的に3回が勝負と言われていたにも関わらず失敗。
諦めない男チェンの挑戦は18回にも及びましたが、結局回ることは出来ず終了。
足が鉄棒に当たるというアクシデントもあり、流血しながら悔しそうに去るウッチャンに涙。

しかし、まだチェンは諦めていなかった!
その後、いつもの体育館で本当にラストの挑戦。
大きくしなりながら、前回よりもいい感じに動き出すウッチャン。
見ているこっちも手に汗握る。

グワーン、グワーン、グワーン、グワーン、グルンッ!

まっ、回った\(//∇//)\
すげー!マジでウッチャン回ったよ!!すげーよ、すげーよ!!!
遂にウッチャン大車輪成功☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
そして、満面の笑みでコーチと抱き合うウッチャン。

はい、涙腺崩壊。
スポーツは感動を生むぜ。

出来たときは嬉しい。

あの一言につきるやね。
私もフルマラソン完走したら、メッチャ嬉しいんだろうなぁ。

そもそも大車輪って筋肉必要なの?

120709_99_103

出典:EXTREAME SPORTS.JP

さてはて、そもそも大車輪ってどこの筋肉が必要なんでしょうか?
ちなみに、写真はウクライナの人たちの鉄棒の使い方らしいが、恐ろしすぎる(笑)

まず、やっぱり腕や肩でしょうね。
プロテクターで手を鉄棒に括り付けて行ったウッチャン。
遠心力で吹っ飛ばされないための安全装置らしい。
しかし、重力で下に引かれながら体を揺らすわけだから、手やプロテクターが巻かれた手首には、かなり負担がかかったようで、手には無数のあざ。
力が外に逃げ過ぎないように制御しなければならず、かつ体を支えるため肩や腕の筋肉は酷使されるので、あの力強い肩周りが温泉で拝めたわけです(笑)

大車輪を決めるためには、後ろに振られた時に体を真っ直ぐにし、鉄棒の真下に落ちるまでに身体が反っている状態をキープして、その反動を使って前に振り上げる必要があるんだとか。
なすがままに流されると、鉄棒の真下に行く頃には力が逃げて体のしなりはなくなり、くの字になってしまう。
それでは力が外に向かってしまうため、回れないそうな。
そのため、しなりを保つために身体を制御する体幹や足の筋肉が必要になってくるんですね。

後は体をどう使うか、力をどう流すかの感覚らしいので、運動センス抜群のウッチャンだからこそあの短期間で出来たのでしょうね。

なんだか、腕だけを酷使しそうなイメージの鉄棒でしたが、調べて見たら全身運動そのものでございました。

さすがに大車輪とはいきませんが、鉄棒はトレーニングでも使える便利な遊具。
夕方の公園にひっそりと遊びに行き、ウッチャンを思いながら鉄棒トレーニングをしてみるのもいいかもしれません。

逆上がりはできませんが、今度ちょっとやってみようかな。

とにもかくにも、ウッチャンおめでとう!
めっちゃかっこよかった!!

by ぽけとみ

 
 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください