フルマラソンへ初心者の果敢な挑戦!目指せ完走!その12

スポンサーリンク


どうも、那覇マラソンの記録を書いている間にテンションが上がって来たぽけとみです(笑)

たった一年前。
ど初心者だった私が、勢いに任せて挑戦した那覇マラソン。
その経験が、今のトレーニングに対して前向きな自分を作る礎になっているんだなぁ、と改めて実感しております。

さぁ、いよいよ今日のブログでラスト。
フルマラソンへの道を、最後に走り抜けますよ!

 

ここに来て気づく全身で動く感覚

満身創痍に突入して、10キロ以上が経過。
ゼリーやタブレットも少しずつ摂取し、顔もぐちゃぐちゃです。

走っては歩き、歩いては走りの繰り返しでしたが、だんだんと歩く時間が長くなります。

最初の足切りからは、少し余裕をもって足切りタイムが設定されてるというのに、その貯金もだんだんと減ります。

足だけではもう走れなくなった時、パーソナルトレーナーが言っていた言葉が頭を巡ります。
「人間の体は繋がってるから、腕を大きく振れば足が出ます。体幹でしっかり繋げてあげるんです。 」

気合いを入れなおし、もう一度お腹に力を入れて腕を振る。
すると、反動で足が出る!

止まりそうな足を、全身を使って前に出しながら進みます。

リタイヤ続出!もう満身創痍だ!!

側道には、多くのリタイヤした人たちがうずくまったり、ストレッチしたり。

やめたいと何度も思い、やめたら後悔すると何度も奮起させ、ひたすら前へ。
意識が朦朧としてチカチカし始める始末。

途中倒れちゃってた子がいたな。
自分も倒れるんじゃなかろーか?

ゆっくり呼吸して、脳に酸素を。
もう、あと4分の1じゃないか。
いけ~いけ~じぶん~♪

あと1キロで、足切りの34キロ地点。
そこを過ぎれば、あとたったの7キロ!

気持ちは前へ前へ進んでいるのに、自分でもわかるくらい速度が落ちていく。
走っている時は普段の歩くスピード、歩いている時はもはや止まっているような感覚。

頑張れよ、私の足ー!!!

 

ラストコールが鳴り響く

無常に閉じていく道

頼む!
頼むから、動いてよぉぉぉ、私の足!!!

パーンパーンパーン

音がなる。
アナウンスが流れる。
車が走り出す。
目の前に見える足切りライン。

タイムアウト

そう、目の前に見える足切りライン。
後方ではなく、目の前に。

淡々と流れるアナウンスに、側道に寄るように誘導され、私の那覇マラソンが終わりました。

え?
あー、え?
あーはいはい、終わったんすかぁ。。。

満身創痍状態ではいまいち実感が湧かぬまま、周りの流れに合わせて道を足切りラインへ向けて歩きます。

実感と涙

34キロ地点では、間に合わなかった人がごった返し回収車を列を作って待ちます。

止まった瞬間、雨の冷たさが一気に身体を冷やし、走っている時は着なかったカッパを着用。
淡々と、ボヘーっと、回収車を待ちます。

そんな私の元に、地元の撮影クルーが。
とっても悲しそうな顔で
「悔しかったですよね??」
と、マイクを向けられ
「そうですね。でも、練習不足だったし、当然です。次回頑張りたいですね。」
と、うまく当たり障りないコメントを言おうと話し出した途端。
言葉にすることで
「私、ダメだったんだ。。。」
という感情が、やっと遅れて湧いてきて、泣いてしまいました(涙)

そこから、回収車で会場へ戻るまで、ただひたすらに悔し泣きをする私。

リタイヤでも達成感に満ちていた

酔った勢いで参加を決め、練習を始めるも途中でサボり、結局大会前まで15キロしか走れず。
走ってる最中も、何度も諦めよう、疲れたしやめようと甘い囁きに負けそうになった私。

そんなだったから、自分が泣くなんて思ってなかったんです。
驚きつつも、

「この大会の間は、自分に負けなかったんだな。」
「頑張ったって思ってるから、悔しいんだな。」

と、なんだか少し誇らしく思いました。

会場に着いて、足を引きずりながらホテルに戻り、少し落ち着いて最初に心から思ったのは

「当分走りたくない。」

でしたけどね(笑)

でも、ゆっくりとお風呂に浸かりながら

「いつか必ず、ゴールしよう」

と、強く思いました。

走った結果

たった一年前。
走るのが嫌いだった私が、いろんな人の助けもあって、初マラソンで(遠い私のスタート地点から考えると)36キロも走ったんです。


消費カロリー2600超え!
まずは、上出来ってことにしておきましょう。

必ず次はゴールできるように。
365日トレーニングDAY。

辛かったけど、本当にチャレンジして良かったぜ、那覇マラソン!
当時の大会に参加された皆様、お疲れ様でした。
そして、今年の大会に参加した皆様、お疲れさまでした。

次回のブログは、今日参加してきたOrangetheoryの体験記をご紹介します。
こちらも、かなりおススメ。
お楽しみに♪

by ぽけとみ

 
 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください