フルマラソンへ初心者の果敢な挑戦!目指せ完走!その3

スポンサーリンク

51e10d92ef29433889cab220405f54f1_s
どうも、3連休だからとアニメに没頭しすぎて寝不足のぽけとみです。

今日は、約一週間ぶりのフルマラソンへの道です。

マラソン大嫌いな私が、無謀にもフルマラソンに挑むこととなった2015年。
これから挑戦したい人に、少しでもお役に立てればと思っております。

フルマラソンへ初心者の果敢な挑戦!目指せ完走!その1
フルマラソンへ初心者の果敢な挑戦!目指せ完走!その2

ということで、前回までの時点でジム通いを開始した私。
なんとか、8キロまで走ることができるようになりました。

しかし、フルマラソンと言えば42.195km。
あと5倍ほど走らなければなりません。

道のりは長い・・・。
改めて、走れる身体づくりを明確な目標に掲げました。
 

 

パーソナルトレーニングで走れる身体に

マラソン練習を始めるも、腰や股関節が痛くて長距離がとてつもなくつらいという壁。

ジムでのランニングでは、3km経過した段階で足が痺れだします。
4kmくらいまで走っていると痺れはなくなり、徐々にお尻回りが張りだします。
8kmも走ると、股関節に違和感を覚え、着替えて帰宅するころには股関節痛が始まります。
翌日になるとそれが腰痛へと変貌し、しばらくランニングを控えなければならないような状態になるのです。

このままでは、フルマラソンどころか、ハーフマラソンも夢のまた夢。

当時私は、ダイエット目的で友人にパーソナルトレーニングをお願いしていました。
そこでトレーナーに
「走れる身体になりたいんです!」
と伝えて、フルマラソンに向けて走れる身体作りを手伝ってもらうことにしたのです。
素人があがくよりも、プロの意見を聞いた方が近道ですからね。

まず最初に、室内を軽く走ってフォームを見てもらうことに。
狭い室内をひたすら走ります。

しばらくすると
「ぽけとみさん、足全然上がってないですね。」
と、苦笑交じりに言われてしまいました。

私の中のイメージでは、そりゃもうランナーらしく軽快に走っていたつもりだったのです。
しかし、客観的に見てもらうと足は上がっておらず、身体が前に倒れて無理やり足を押し出しているようなフォームになっているんだとか。

そのため、足腰の強化がメインになると思いきや

「コア(体幹)を鍛えましょう」

と、宣言されました。

 

 

長距離走るために必要な筋肉

走る=脚力が重要

と、私は考えていたのですが、トレーナーが言うには「ランニングは全身運動」なんだそうです。
人間の身体は、あらゆる動きを全身に伝達できるようにできています。
腰回りにある体幹部分を軸として、上半身の動きを下半身へ、下半身の動きを上半身へ伝達します。

試しに腕を固定して歩く場合、腕を大きく引いて歩く場合を比べてみてください。
腕を引いた方がスムーズに足が前に出ると思います。
体幹を軸にして、身体が捻られ、力がスムーズに伝わるのです。

1610091
1610092
走ることで身体が前に押し出される仕組みは、私のつたないイラストの通りです(笑)

このとき、私のように上半身が前に倒れていると、足の引き上げがされずにストッパーがかかってしまいます。
足は身体の後ろでフル回転され、お尻の筋肉と足の筋肉だけが酷使されていきます。
足の疲労がたまれば、より一層足が上がらなくなるので、転んでしまったり私のように股関節痛が発生したりするのです。

ランニングを行う上でも、上半身の腕の振りや下半身の足の引き上げを意識するとフォームは変わります。
腕を振ることにより、上半身で発生した力が下半身に伝わり足が前に出ます。
足を引き上げれば軸はお尻の筋肉だけでなく体幹へと変化するため、その後も上半身の力が伝達しやすくなります。

コアができると、上半身の動きを下半身に伝えることができるんだとか。
無理に足の力だけで走ろうとしていた私は、足とお尻の筋肉がカチコチだったらしいです。
マッサージをしてくれたトレーナーさんが、ドン引きしていました。

その後のスポーツマッサージでも指摘されましたが、このお尻回りの酷使により腰痛や股関節痛が起きているのでしょうとの診断でした。
正しい使い方をしないと、運動効率も身体の不具合も解消することができません。

ということで、体幹を鍛えることが私の第一目標になったのです。

 

 

コアトレーニングスタート

その日のパーソナルトレーニングから、徹底的にコアトレーニングをやってもらうことに。
その時にやったトレーニングは、明日詳細をお伝えしたいと思います。

コアトレーニング
腰痛予防のための下半身トレーニング
股関節のストレッチ

この3種のトレーニングを中心に、60分のトレーニングを開始しました。
トレーニングの後は、しっかりと殿筋(お尻の筋肉)を伸ばして終了。

これを二週間に1回、1ヶ月半で計3回。
その他、平日1・2回ジムでランニングマシーン、週末には近所をランニングというメニューをスタート。

教えてもらったテニスボールストレッチを、寝る前に必ずやるようにしていると走ることに慣れてきたのもあり、腰痛や股関節痛がでなくなってきたんです。

これは、かなりありがたい状況でした。
今までの足かせが取れたんですから。

だんだんと走れる距離は伸び、とうとう10キロ到達!
10キロ60分と決して早いわけではありませんが、歩くことなく走り切れるようになったのです。
むしろ、清々しさすら感じはじめ、

「早く走りたい!」

という気持ちにすらなってきました(笑)

高校生以来の走行距離に有頂天の私。
が、しかし。
こんなに頑張っていたにも関わらず、ヤツが発動したのです。

「言い訳上手の実行下手」

やはり継続することは難しいんだな・・・。

大会まであと5か月。
さてはて、どーなることやら。

続きは、また今度。

by ぽけとみ
 
 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください