立ち仕事はダイエットにいい!驚くべき消費カロリーの違い。

スポンサーリンク


どうも、暖かくなるという言葉を鵜呑みにした結果、帰り道凍えまくったぽけとみです。

寒暖差は、一番堪えますわぁ。
風邪引かないようにしないと(周りにマスクつけている人急増中なので)
にしても、昼間の気温は上がってきましたね。

あっという間に1月が終わり、あっという間に春が来る。
その次は・・・夏!
モコモコアウターで体型を隠せていた季節が終わりますよ、皆さん!!

努力が身体に現れ始めるのは3ヶ月後ですからね。
そろそろ動き出さないと、薄着になった頃に手遅れになってしまいますから。

そんな私は、2017年かなり燃えております。
とうとう、アレを達成しちゃったのです!

さらに、目標達成するには一日の大半を費やす「仕事」中の消費カロリーが重要なことも判明!

合わせてご紹介しますね(^^)



Apple Watch1ヶ月ムーブゴール達成!

昨年購入してから、ひたすらに続けているApple Watchダイエット。
まぁ、Apple Watchダイエットと言っても、指定された消費カロリーに到達するように毎日トレーニングを取り入れ、そのデータをApple Watchが逐一データを取ってくれるというもの。

目標が明確になるのもそうですが、数値化されると

「あとちょっとでクリアできるなら、もうちょい頑張ろうかな。」

と、いつもよりもトレーニングしやすい気持ちになるってのが、一番の効能でしょうね。

昨年は忘年会の連続で目標到達しなかった日もあったのですが、なんと!

無事、2017年は「1ヶ月毎日ムーブゴール達成」をクリアすることができましたぁ♪

これが、完璧な1ヶ月を達成した記念バッジ!
やっと手に入りました(⌒▽⌒)

この成果が、前回のブログでお伝えした体脂肪率4パーセント減なわけですね。

ムーブゴールの目標値は、自分で決められるんですよ。
デフォルトは、アクティブカロリー1日520キロカロリー。
普段からもっと動く人は、目標を上げることができます。
以前調べた時は、この目標カロリーを800に上げていた人が、1ヶ月に10キロ痩せたと驚いていました。

私は、未だにデフォルト520キロカロリー。
それでも、これだけ効果が出るんだからありがたいですわ。

立ち仕事・座り仕事の消費カロリー

1ヶ月ムーブゴール達成をして気づいたことがあります。
仕事の間に、消費カロリー稼いでおくのが吉。

仕事の帰りに運動しようとしても、仕事ですでにヘロヘロ。

悪魔「今日くらい、サボってもいいんじゃん?」
天使「いやいや、毎日やるって決めたじゃない!」

と、心の中で悪魔と天使の戦い。
この時に、あとどのくらいカロリーを消費しなきゃいけないかの具合によって、この戦いの軍配が決まるんです。

ここで、消費しなきゃいけないカロリーが半分以上残っていると、もうヘロヘロなのにこんなに動けないよぉという気持ちになって、悪魔優勢。
消費しなきゃいけないカロリーが半分以下になっていると、あと一踏ん張り頑張ってみようかなと、天使優勢。

結局、運動始めちゃえばやれちゃうもんなんですけど、心が折れちゃうんですよね(笑)
そのため、仕事をしている間にどれだけ消費カロリーを稼いでおくかがポイントになるわけですよ。

ちなみに、仕事中の消費カロリーは「座り仕事・デスクワーク」と「立ち仕事」では雲泥の差!

座り仕事・34キロカロリー/h
立ち仕事・170キロカロリー/h

5倍?!
ってか、デスクワークって、1時間で34キロカロリーしか消費しないんかい((((;゚Д゚)))))))


とある日のムーブグラフ。
確かに、デスクワークしてる時間帯はほぼ0だ!
ちょっとだけ立ち上がる仕事の時だけ、ほんのりぴょこっと出てるくらいで、出勤・ランチ・帰宅・ジムの時間帯以外はひどいもんですね。

それに比べて立ち仕事は、体を支えたり、時には何かを運ぶために歩いたりします。
そのため、先ほどの画像の通勤時やランチタイム程度のカロリー消費を、昼間の8時間し続けるわけですね。

最近では、デスクワークを立ちながら行う会社が出来たりして、この座りっぱなしに危機感を感じている人も多いようです。
私自身もデスクワークなので、昼間の消費カロリーを少しでも確保すべく、違うフロアへは階段で行ったり、Apple Watchのスタンド告知が出たら部屋中歩き回ったり、トイレの時には無駄に大回りしたりと、少しでも動くようにしています。
サボりってほど時間はかかりませんし、脳内をリフレッシュするためにも、軽い運動は有効なんですよ!

1時間に一回スクワットをしてみたり、内線を使わず直接歩いてその人のところに行ってみたり。
座りっぱなし打破をして、昼間の消費カロリーを確保していきましょう!

まとめ

よくよく考えてみると、数年前。
ジムに通っていたわけでもないのに、みるみるうちに体重が落ちていった時は立ち仕事でございました。

昼間8時間販売員として立ち仕事をして、そのあと3時間くらい居酒屋で立ち仕事。
立っているだけでも疲れるので、ご飯はモリモリ食べてたんですけどね。

まぁ、お酒を飲んでいなかったというのも原因のひとつだとは思いますが(苦笑)

侮りがたし、立ち仕事。

痩せるために仕事を変えるというのも難しいので、1時間の内に数分間でも意識的に立ち上がってみましょう!

by ぽけとみ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください