日傘効果で体感-10度も涼しい!推奨期間後に復活スプレーで何年使えるか調査

スポンサーリンク

この記事は5分で読めます

こんにちは、pocketommyことぽけとみです。

暑い〜暑い〜暑い〜!!!

連日の猛暑日に、夏バテ気味という人もいるかもしれませんね。

でも8月に入りみなさん、連休の時期では!?

ビールも美味しくなり暑いなんて言ってられない!

だって夏は短いのだ!

この時期のためにいろいろと計画を立てている人も多いでしょう

海に山に!出かけられずにはいられない!
もちろん街ブラもあり♪

そんな外出のお供に日傘使ってますか??

すでに使っているよ〜という人は、日傘に寿命があるのをご存知でしょうか?

ということで今回は。

まだまだ知られていない日傘のいろんな情報をご紹介します。

涼しいだけじゃない日傘がもたらしてくれる効果やその持続期間、効果がなくなってしまった日傘を復活させるアイテムなど。

色々とまとめたので、最後までごゆっくりお楽しみください。

日傘で涼しい夏を楽しもう!暑さの原因は赤外線?

日傘をさすだけでこんなに体感温度が違う?涼しい夏の必須アイテム!

日傘 涼しい 体感 温度

日焼けしちゃうのはちょっと避けたい!
UVも気になるしー。

日傘って

使っている人は使ってるけと使ってない人は1回も使ったことがない!

そんなアイテムではないでしょうか?

そんな日焼け防止の日傘なんですが何よりその効果といえば・・・

涼しいんですよねー

なんと、日傘をさすことで体感温度は約10度涼しく感じると言われているんです。

まさかこんなに涼しいとは!!

人生の中で買ってよかったアイテムのベスト3には入りますね〜。

どうして日傘を使うと体感温度が下がるの?原因は赤外線だった!

日傘 暑さ 原因 涼しい

紫外線はシミなどの原因に!
赤外線は暑さの原因に!

あまり知られていないのですが、赤外線こそ暑さの元なんですね。

冬の暖房アイテムならむしろ必要な要素も、夏には降り注いでいれば暑いのも当然かも知れません。

雨傘とは違って、日傘の紫外線カットは99%〜100%です。

日光を遮断できる日傘であれば、暑さを元から断つことができますね♪

とはいえ、外気温や地面・コンクリート建造物からの照り返りもあるわけで、すべての対策とはいきません。

しかし、頭上を覆うことは一番の対策と言えるでしょう!

日傘効果はダブル!?涼しいだけじゃなく目にもやさしい!

日傘 効果 目に優しい

UVカットができて、体感温度も約10度もすずしい!

でもそれでけではないんです。

日傘は、直射日光からくる目の負担も軽減してくれる効果があります。

毎日毎日、PCやスマホを見ない日はない今の日本。

もうどんだけ目を酷使しているのでしょうか〜(汗)

少なくても仕事の8時間、通勤電車の2時間、そういえば寝る前も見てるし・・・

あ〜思いだすだけで目頭を抑えたくなってきました(苦笑)

日常生活で酷使している上に、夏の紫外線でさらにあなたの目は疲労困憊。

そんな時に活躍してくれるのが、日傘なんです。

日傘って、外出時の目も守ってくれるんですよ!

遮光率99%などわかりやすく数値化されており『遮光〜級』などの等級もあります。

例えば遮光3級みたいな感じですね。

下記が遮光等級と遮光率のリストです。

遮光1級~遮光率99.99%以上
遮光2級~遮光率99.80%以上99.99%未満
遮光3級~遮光率99.40%以上99.80%未満

日傘一つでこの効果はありがたいですね。

日傘は夏だけの期限付きアイテム?次は秋!!


夏を楽しく過ごしたあとは、だんだんと過ごしやすい季節がきますね〜。

お肌的には、夏の肌疲れが秋にやってくるなど言われています。
気になる女子も多いのではないでしょうか!?

夏の紫外線が原因?
シミやシワの急増は避けたーい!!

でもお肌の敵は、夏の日差しだけじゃないんですねー。

秋は気候的には涼しくなりとても過ごしやすい季節。
しかし、まだまだ油断できないですよ!

秋に入っても、紫外線の攻撃は続いているんです(涙)

気象庁の最大UVインデックス(推定値)の月別累計値はごらんのとおり!


ー画像:気象庁ホームページより

7月8月は6ポイントで非常に強いですが、9月10月は4ポイント以上の数値も確認できます。

中間くらいに位置していますが、”非常に強い”に限りなく近いですね。

特に夏休み後の暑さもやわらいできたかなーと思った辺りでも、まだまだ紫外線は強いんです。

日傘の試用期間は夏だけと期限を決めつけず、自分を労わりたいですね。

日傘に寿命がある?効果を復活させるスプレーで何年使えるのか調査

日傘の効果には期限がある!寿命はどのくらい?

日傘 効果 寿命 何年

実は、日傘にも寿命があります。

一番の目的である紫外線対策の効果が、年々劣化して効果が弱くなってしまうのです。

どのくらい持つのかと言えば・・・。
製造元の案内にもよりますが、一般的に2年間使っていると、十分な効果はなくなっていると考えられます。

日傘も疲れちゃうんですね!(汗)

せっかく買ったのに、たったの2年で使えなくなっちゃうの?!

日傘に寿命があることを知らなかった筆者としては、かなり衝撃的な情報でした。

しかしご安心ください!

ずっと切れ味がよい包丁などないように、道具は手入れも必要です。
日傘も同様。

逆を言えば、日頃、頑張ってくれている日傘も、手入れをすることで効果は長持ちさせることができるのです。

次の章では、どんなお手入れをすればいいのかを具体的にご紹介したいと思います。

日傘の効果を復活させるスプレーで何年使える?

日傘 復活 スプレー

紫外線により、UVカット効果は段々と劣化してしまうもの!

モノなので、古さとともに本来の効果も薄れてしまうのはしょうがないですね。

そんな時は、日傘用の【UVカットスプレー】で手入れをしましょう♪

だいたい、1,000円〜3,000円代で購入できる代物なので、日傘ユーザーはマストアイテムです。

購入してからもう2年経っちゃってるわ!と思ったら、下記のリンクからUVカットスプレーの購入画面が開くので、ぜひ検討してみてください。
↓↓↓

本来、衣類用のスプレーですが日傘に使うのも裏技としてやっている人が多いようです。

ただし、白地に吹き付けることができないなどの注意事項もあるので、しっかりと使用方法を読んでから試してみてくださいね。

スプレー自体にもUVカット率はありますが、99%など十分な効果回復があります。

使用する時は、傘全体へまんべんなくスプレーし、上手に手入れをしましょう。

大事に手入れしてあげた日傘は、5~6年は長持ちしますよ〜♪

耐久年月が倍以上に伸びるのであれば、コスパとしては悪くないかもしれませんね。

何より、気に入ったアイテムが長持ちするのは嬉しいものです♪

日傘人口ってまだまだ少なくないですか!?メンズも日傘を楽しむ時代ですよ♪(サイトあり)

日傘をメンズが楽しむ時代!

日傘 メンズ 購入 サイト デザイン

著者は都内暮らしですが普段は通勤も合わせ電車移動が中心です。
少し歩くだけでも汗がついてまわります。

今まで気にも留めなかったアイテムである日傘を使い始めたは数年前からになりますが、快適さが段違いです。

もちろんまったく暑くないなどということはありませんが、暑さにやられ本気ですべて日陰を歩きたいと思うようなこともありました(笑)

加えてセミのシャウトは、暑さを倍増させるような錯覚にも陥りますしね(苦笑)

昔は貴婦人のアイテムのイメージだった日傘も、今はいろいろな年齢層に使われておりメンズ専用もあります。

女性だけではなく、夏の暑さで苦しむサラリーマンの皆様にも、現代社会では必須アイテムになってきているようです。

街中で日傘をさしている男性の人口はまだまだ少ない印象ですが・・・

実際に日傘を営業の移動に使っている友人は、もう手放せないアイテムになっているようです。

日傘人口を増やしてみんなで夏を楽しく快適に♪

最近の日傘は、デザインも豊富ですよねー。

ということで、この章ではどんな日傘が売られているのか、ニーズに合わせて少しご紹介をしたいと思います♪

そんなに高いのはいらないんだけど、とにかく可愛いのが欲しい!という方には・・・

下記のリンクをクリックして表示されるお店では、日傘なら3,000円以下でデザインも豊富に取り揃えていますよ♪
↓↓↓

もっとゴージャスな感じを追い求めている!という方には・・・

下記のリンクをクリックして表示されるお店では、レース使いが素敵な日傘を購入することができます。
↓↓↓

男性へのプレゼント・仕事の合間に使いたいサラリーマンの方には・・・

下記のリンクをクリックして見れるスポーツブランド・adidasの日傘は、晴雨両用&折りたたみのコンパクト設計で非常に使い勝手がいいですよ♪
↓↓↓

ここまでデザインが豊富にあると、オシャレに合わせて使い分ける人もいるかも知れませんね。

筆者も、adidasの日傘がシンプルで使い勝手良さそうだなぁと狙っております(笑)

最初は目移りしてついついあれもこれも欲しくなっちゃいますが、まずは一個あれば十分です。

個人的には雨傘よりも使う場面が多い一面もあると思いますし、お気に入りのデザインを見つけて楽しみたいですね。

もちろん、使い続けるためには前章でご紹介した復活スプレーでのケアも忘れずに!

クールビズなど夏の対策が取り入れられてはきていますが、薄着になっても直射日光の猛威から逃れることはできません。

日傘人口を増やして、みんなで夏を楽しく快適に過ごしていきましょう。

まとめ

基本的な日傘の効果、UV対策、体感温度、目にも優しい、などなど。

一つあるだけで快適さをゲットできるアイテムです。

夏だけに限定されずUV対策としては秋までの必需品!

実は筆者、先週のお出かけ時に別カバンにいれっぱなしの日傘を忘れました。

あのがっくりさは忘れません(笑)

それくらい手放せない便利アイテムなんですよ♪

みなさんも、暑さに負けず夏を乗り切ってくださいね。

byぽけとみ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください