置き換えダイエットは無理せずがモットー。高カロリーを低カロリーに置き換えるだけ!

スポンサーリンク

810fdd26fa2611192f83d2e116b113e2_s
どうも、ぽけとみです。

ずさーっと膝を擦りむいてから、痛みが増す日々です。
小学生の頃は、この状態で走り回ってたんですから、タフですよねぇ( ̄◇ ̄;)

とはいえ、こんなことで肉体改造計画を頓挫させるわけにもいきませんので、食事の調整とトレーニングDAYは継続中です。

今は夕飯をプロテインに置き換えして、本当に成果があるのか実験中。
夕飯をまるごと置き換えるのは結構おおごとですが、その他にも置き換えられるものはたくさんあります。

思い当たる節がある方もいるかもしれないので、参考程度にご覧ください。
 

 

シュワシュワコーラの置き換え

魅惑のコーラ。
コーラ好きの方は、他のジュースよりも病的にコーラを求める人が多い気がします。
言わずもがな、コーラは砂糖の塊。
太るためには十分なハイカロリー嗜好品です。

しかし、コーラジャンキーでも簡単に置き換えることができるんです。
それが
product1

出典:WILKINSONサイト

炭酸水。
私はウィルキンソンがお気に入り。
強炭酸の炭酸水を飲むと、コーラを飲んだ時の満足感が得られます。

私は、幼少期からコーラジャンキーでした。

母がコーラが大好きで、家には常に1.5リットルのコーラ。
母が独占したかったのか、はたまたホントかはわかりませんが、小学生の間はコップ1杯までしか許されませんでした。

「あんた、それ以上飲んだら、骨溶けるよ!」

と怒鳴られつつ、1杯のコーラを大切に飲むわけです。
そして、親の目を盗んでまた飲むわけです(笑)

歳をとるにつれ、隠れて飲む必要もなくなった時には、家にマイコーラを常備。
1.5リットルペットをラッパ飲みするダイナミックデブになっていました。
もちろん家以外でも飲んでたので、年間消費量はやばかったと思います。

コーラ好きはもはや病的で、青春時代に失恋して何も喉を通らなかった時ですら、唯一身体が受け付けたのはコーラとサラミ。
だったら普通に食えや!ってレベルです。
(この時、1ヶ月で10キロ落ちましたが)

30歳を目前にした頃。
痩せたいと連呼する私の手の中にコーラがあることを指摘する人が出現(笑)
私も薄々気づいていたので、とうとうコーラ断ちに踏み切ったわけです。

しかし、いざコーラ断ちをすると禁断症状が早めに発生。
イライラしつつも、たまたま当時流行りだしていた炭酸水をコンビニで購入したのです。
口に入れた瞬間、舌をビリビリさせるような強炭酸、そして喉越し。

「ナニコレ!もはや、コーラじゃんか!!」

コーラ独特の味ももちろん好きなのですが、何よりもあの炭酸に依存していたようで、そこがクリアになったことで置き換えが成立したんです。

それからだいぶ経ちますが、あれだけ飲んでいたコーラが、今では数ヶ月に一度くらい(飲みすぎた朝だけ)しか飲まなくなりました。
この大幅なカロリーオフは、私のダイエット人生において革命的な出来事だったと言えます。
 

ビールを飲まずにハイボール

同じように、ビール党だった私が置き換えをしたのはハイボール。
これに関しては味が全く違うため、好き嫌いが出てしまう気はします。

ただビールはかなりハイカロリーなので、最初の一杯で終わらせることをオススメしますね。

正直、数年前の私を知っている人にとっては

「お前が言うなよ!」

という話だと思います。
だって、私、8時間以上飲み続けるときもずーっとビールでしたから。

しかしここ数年は、ハイボールかウーロンハイに切り替えるようにしています。
最初の一杯だけ飲めれば、ビールに対する欲求はある程度満たされるので、後は美味しく酔えるローカロリーのお酒を。
そこの選択肢はお任せします。

ハマれば、焼酎もかなり美味しくて種類があるので、新しい世界が見えるかもしれませんよ!
しかも、焼酎にすればビールの時ほどがぶ飲みしなくなるかも。。。

まぁ、どちらにしても。
女性としては、がぶ飲みはおススメしませんけれど(苦笑)

ある程度飲めるのは付き合いがいい女性ですが、それ以上飲むとめんどくさい人のようです。
私は、たいがいある一定の時期から男扱いをされますので(涙)

でも、いまさら

「のめませぇん」

なんて、言えるかボケッ。

未だ、この辺の正解がわかっておりません。
私のようにならないことを、切に願います(笑)

そして、正解を教えてくれる男友達を切に求めております(苦笑)
 

白米の代わりに玄米や雑穀米

これまた私の話ですが、白米大好きなんです。
おかずの基準は「白米に合うかどうか」というくらいでして。

デブ期には、ご飯2杯は当たり前。
調子が良ければ3杯食べてました。

ですが、糖質制限の本を読み漁ったのをキッカケに、白米から玄米に置き換えをしました。
もちろんたまに白米も食べますが、基本は玄米です。

玄米に変えて感じるのは、腹持ちの良さ。
ずっとお腹がいっぱいなんです。
そもそも白米よりも硬いため、咀嚼する回数も増えます。
おかげさまで、仕事中のおやつタイムが減りました。
さらに、お通じが良くなるので、常にお腹の中がスッキリします。

一般に言われる糖質制限は、どうやら女性にはあまり向かないようです。
ですが、女性はとかく糖質が好きなもの。

スイーツに限らず、糖質はいろんなところに隠れております。
白米もそうですがね。

どれが糖質なのかよくわからないかもしれませんが、とりあえず白いものは危険。
とりあえずのパンとかやばいので、気を付けてください。

特に菓子パンだけは、絶対に手を出してはいけないものと覚えておいてください。

でも・・・でもね。
菓子パン食べたくなりますよね。
これは、糖質の依存症的なところもあるので、我慢のし過ぎは良くないです。
たまには食べてもよし。
その代わり、運動すればそれでいいのです。
 

置き換えなんて嫌

とはいえ、今の生活を変えたくない人も多いでしょう。
我慢をしてまで痩せたくねーわ!
的な。

どちらかと言うと私もそっち側。
出来ることなら

「んー、でも好きな時に好きなものを食べてるしなぁ」

って言うのが目標です。
そのためには、代謝を上げる他に方法はありません。

そもそも、私がやってきたような日常の置き換えをすると、口にするもの(口にしたいもの)が変化します。
今となっては、ほとんどコーラを飲みたいと思いませんし。

しかし、それすら我慢をしたくない人は、前述したように代謝を上げてください。
代謝が上がり、食べても呑んでも消費される体を手に入れれば、細かいことは気にせずに日常を生きられます。

私の友達でインストラクターをやっている人は代謝がかなりいいので、ずっとお菓子食べてます。
ある意味理想。
我慢っていうのが一番の敵なのです。
その敵を排除するための、今なのです。

ってことで、今日は仕事帰りに負荷高めのスタジオレッスン30分に出て、周りが引くほどの汗をかいてきました(笑)

肉体改造は、何よりも自分との戦いです。
自分に言い訳をせずに済むように、運動と食生活の見直しを。

さぁて、炭酸水飲みながら寝よっと(笑)
いつか、大好きなコーラをどれだけ飲んでも大丈夫な身体になりますように(笑)

みなさまの三連休が、アクティブでありますように。
おやすみなさぁい。

by ぽけとみ

 
 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください