Lカルチニンの効果は?VAAMはダイエットできる?補助食品やサプリを探る。

スポンサーリンク


どうも、ぽけとみです。

しっかりとしたクールダウンとストレッチの甲斐あって、筋肉痛は軽めです。
ほっと一安心。
まぁ、たかだか4.5キロしか走ってませんしね。

昨晩とうとうプロテインに手を出し、夕食の置き換えをいたしました。
甘いのもあり、全然お腹は空かず。。。
朝は空腹で起きたため、いつもより早起き(笑)
しばらくの間、試してみる価値はあるかもしれません。

他にも、痩せると噂されるサプリやドリンクってたくさんありますよね。
プロテイン同様、間違えて使っては期待している効果は得られません。

今日も私が気になっている補償食品&サプリについて調べてみたので、ご報告いたします(((o(*゚▽゚*)o)))

 

 

Lカルチニンを知る

昔、ホットヨガで勧められたサプリ【Lカルチニン】
それまで全く聞いたことがありませんでしたが、脂肪燃焼に役立つそうです。

アミノ酸が主成分のようで、運動前30分に飲んでトレーニング。
すると、Lカルチニンが脂肪をミトコンドリアに送り込んで燃焼させてくれるんだそうな。
今となっては、薬局などで簡単に手に入れることができます。

Lカルチニンもプロテイン同様、運動との組み合わせで効果が発揮されます。
これを飲んでれば、自動的に脂肪が無くなっていくわけではありませんょ。

ダイエットサプリを飲むと、それで安心して暴飲暴食したりする人が増えます。
食べて、食べて、飲んで、食べて、脂肪カットのサプリを飲む姿。

本来、食事で必要な栄養素を摂り、不要な分を排泄・もしくは運動によって消費してきた人間の体。
薬を使って無理やりカロリーオフって、本来必要な栄養素をちゃんと考えてくれるものなんでしょうか?

以前私の友人は、脂肪をカットしてくれるサプリを飲んでいるからと安心し、普通に運動せずに食べまくり、みるみる太って行きました。
消費カロリーを摂取カロリーが大幅に越えれば、サプリを飲んでても太るんです

Lカルチニンしかり。
あくまでも
「Lカルチニンを飲むと、いつもの運動よりも少し脂肪が燃焼しやすい」
効率を少し上げるサポートをしてくれるものです。

エネルギーを消費する時にLカルチニンが使われるので、そもそもエネルギーが消費されることが無ければ意味がありません。

ちなみに、使われなかったLカルチニンは、そのまま排泄されます。
いっぱい飲んでも運動しなければ、ただサプリが体内を通過するだけですから、まさに無駄ですね。

 

 

VAAMを知る


お次は【VAAM】

登場したばかりの頃
「ババンババンバン・バーム 」
という軽快な音楽と共に、高木ブーさんが走ってるCMが流れていたのが印象的でした。

このVAAMも、今や3種類×4タイプ=12パターンの商品とVAAMウォーターが数種類という多くの商品展開があるそうです。

VAAMの主成分はアミノ酸。
スズメバチの運動量の秘密を解き明かし、商品化したものなんだそうです。

アミノ酸は、タンパク質を構成する成分のひとつ。
主な効果としては、疲労回復だったり、筋肉の再生補助だったり、怪我や病気の予防になったり。

よく脂肪燃焼効果があると思って
「VAAM飲んだら、何もしなくてもお腹の中で燃えてくれるから痩せる 」
なんて前向き勘違いをしている方がいますが、それは間違いです。

VAAMは疲れにくい体づくりや健康な体の維持をサポートしてくれるため【長時間の運動】が可能になり、よりカロリー消費されて痩せる。

というメカニズムだそーな。
運動するとアミノ酸と水分が消費されていき、アミノ酸不足になると疲れやすくなる。
VAAMを運動前や運動中に摂取することで、消費されていくアミノ酸を同時に補給でき疲れにくい体になるのです。

ちなみに、販売されてるのは3種類。

【ブルーのVAAM(ヴァーム)】
スタンダードタイプ。
普段のトレーニングに最適。

【ピンクのVAAM(ヴァームダイエット)】
ダイエットタイプ。
スタンダードの半分のカロリーなので、ダイエット中のトレーニングには最適。

【ブラックのVAAM(スーパーヴァーム)】
スペシャルタイプ。
スタンダードに、コエンザイムQ10とLカルチニン入れたらしく、代謝も上がる。
ここぞという時にオススメ。

そしてそれぞれに、缶・顆粒・粉末・ゼリーがあるそうですよ。
缶・顆粒・粉末は、運動前に飲んで疲れにくい状態を作り上げます。
ゼリーは、運動前の小腹を満たしたい時の食事代わりに。

VAAMウォーターは他の商品に比べてアミノ酸量が少ないのですが、同時にしっかり水分を摂り運動中の補給として作られているようです。

それぞれ、こちらも摂取するベストタイミングがあるみたいですね。
CMだけじゃ、わからなんだ。

 

 

まとめ

それぞれいいところはありますが、やはり自分で運動することが大切ですね。

あくまでも、補助であることを念頭に入れて♪
さすれば助けの力も相まって、効果が一層得られることは間違いないようです。

私もジムに行った際、たまにVAAMウォーターをお供に持参します。
いつもよりも長く走れているような気がします(笑)
それよりも、尋常じゃない汗の方が気になりますけどね。
スポーツドリンク感覚で使えて便利です。

依存ばかりしていても、なかなか自分へのベネフィットはもたらされません。
まずは自分でアクションを起こし、良きパートナーとして頑張ってもらいましょう( ̄▽ ̄)

恋愛も依存は禁物(笑)
自分でアクション起こせってことかねぇ( ̄◇ ̄;)

by ぽけとみ
 
 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください