野菜ジュースは効果あり?偽物の野菜ジュースに気を付けよう。

スポンサーリンク

どうも、ぽけとみです。
昨日はジム帰りの恩恵を受け調子に乗ってました。

仕事しながら、ずこーっ!!!
足を上げたつもりがさっぱり。
見事にコケました。

img_3192.jpg
ナニコレ。
小学生?

むしろ、この太ももはウエストレベルやろ!

という意見は受け付けてません。
本人、気づいてますから。

さてさて。
ここ最近はいろいろと噂のあるサプリなどをまとめてきました。
今日も、よく勘違いされてしまうものを分析してみました。

 

 

野菜ジュースは万能?

今回は【野菜ジュース】を特集いたします。

食事を抜いたり、逆に偏った食事をしている人が
「野菜ジュース飲んでるから、健康!」
と、言っている人がいます。

私の家族にも普段の食事では野菜を摂らず、1リットルの野菜ジュースをがぶ飲みしていた人がいます。
見ているこっちが、吐き気を催してしまうくらいに。
食事の代わりに野菜ジュース、お水の代わりに野菜ジュース。
それはどうかと思いましたが、本当に野菜ジュースは健康なんでしょうか

調べてみると、非常に残念な結果が表示されました。
まず「1日分の野菜」と謳っていたとしても、1日分の野菜の量を使って作ったというだけであり、1日分の野菜から摂るべき栄養量には満たないのがほとんどみたいです。

「野菜は一日でこれだけ食べるべき。」

と推奨されるのは、摂取したい栄養量を満たすのが目的と言えます。
そのため、様々な種類の食物をバランス良く摂取する必要があります。

それを手軽に摂取するために、みんなが飲むのが野菜ジュースです。
しかし野菜ジュースは、ジュースにする過程でほとんどの栄養素が失われているケースが多いそうです。
となれば、これはもはやただのジュースです。
飲みやすいように糖分を加えてあるので、むしろ飲みすぎて糖尿病なんてこともありますよね。

 

 

注意すべき表記

特に無意味なのは「濃縮還元」「国内製造品」の表記だそうな。

「濃縮還元」
栄養素をギュギュっと濃くしました!

「国内製造品」
日本で作ってるから安心!

ってイメージのこの言葉たちですが、実際はどうでしょうか?

野菜ジュースの多くは、海外の安い野菜をケチャップみたいなペースト状にして、冷凍して輸入するんだそうです。
この段階で、多くの栄養素に別れを告げることになります。

「濃縮還元」とは、日本に輸入されたペーストを水で飲みやすい濃度まで薄めることを言います。
多くの栄養素が失われている上、さらに水で薄めるのです。
どんだけ栄養素を無くせばいいのでしょうか?

「国内製造品」とは、最終工程を日本で行っているという意味。
海外で準備したものであっても、最後の工程さえ日本で行っていれば、国内製造品と謳ってもいいのです。

どないやねんっ!!!

漢字が四文字並ぶだけで、ありがたい言葉に感じてしまう四字熟語マジックです。
安心も栄養もない。
もはや、なんのために飲んでいるのでしょうか?
まさに、気休めにしかなっていない気がします。
これで、糖分まで過剰に摂取してしまうわけですから、余計に悪い気がしますね。

よくよく考えてみてください。
ジュースになった栄養素が、コンビニで何日も鮮度を保てるわきゃないんです。
もし保てたとしても、保つために添加物を使うしかないんですよね?

 

 

野菜ジュースの代わりにグリーンスムージーを!

ef5c87dcf3e05c7e13ca76de0207f9f2_s
そもそも、普通に食事で野菜を食べるのが一番楽で安心でリーズナブルだとは思いませんか?
だって・・・

野菜ジュースじゃ、腹は満たされないのですっ!
栄養素をちゃんと満たそうとすると、いろんな野菜を食べますからお腹も膨れますし。

「どーしても、ジュースじゃなきゃイヤ 」

という、のっぴきならない理由がある方。
手間はかかりますが、どうせ飲むなら自分で作る野菜ジュースやグリーンスムージーがおススメです。
もしくは、野菜農園とかで作ってるちゃんとしたヤツにした方が良さそうですよ。

何でもかんでも、お手軽にコンビニ頼りは危険。
口から入れるものが、直接あなたの内部から作用してあなたを作ります。
1日3食の食事を大切にしましょう。

葉っぱ野菜や果物、そしてレモン汁や冷水を一緒に入れてミキサーでぐわーっと混ぜ合わせます。
そうすることで、非常に飲みやすくさらにしっかりと栄養を摂取することがあります。
ドロッといた食感で、お腹を満たすことができます。

朝食を摂る時間がない時など、置き換えにすれば簡単に健康維持をすることができますよ。

とはいえ、それもめんどくさければたまに野菜ジュースを飲むこともいいでしょう。
ただ他のサプリ等も同様に、これだけでどうこうなるものではありません。
常に補助だということを忘れずに、通常の食事や運動と組み合わせる必要があります。

便利な世の中だからこそ、手を抜きすぎず上手に付き合っていきましょう。

さぁて、寝る前に最後のラインニングに行ってきます!
心身共に健康になるために!!

by ぽけとみ

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください