Inbody計測!東京のジムでも測れる数字の見方を解説。

スポンサーリンク

どうも、足が生まれたての小鹿状態、ぽけとみです。

登山の疲労って、予想以上に長引くわぁ。
よく小学生の時は遠足で強制的に山登りさせられたりしてたけど、あの歩幅で山登るって今考えると恐ろしいわぁ。

とまぁ、下半身バッキバキの筋肉痛だったのですが、ここで止まっては勿体ないので・・・

行ってきました、2017年初フィットネスジム!
そして、測ってきました、今年最初のInBody(インボディ)!

 


InBody測定で全身数値化

InBodyってなぁに?

今までも計測結果をお伝えしてきたりしていましたが、改めてインボディをご紹介したいと思います。

InBodyとは、体組成計の商標登録された機械の名前です。


InBody測定は、体を構成する基本成分である体水分、タンパク質、ミネラル、体脂肪を定量的に分析し、栄養状態に問題がないか、体がむくんでいないか、身体はバランスよく発達しているかなど、人体成分の過不足を評価する検査です。

出典:InBody公式サイトより

画像のような機械に乗りまして、体に電気を流してあらゆるものを数値化します。

数値化できる項目

・細胞内水分量
・細胞外水分量
・タンパク質量
・ミネラル量
・体脂肪量
・体重
・骨格筋量
・BMI
・体脂肪率
・ウェストヒップ比
・右腕の筋肉バランス
・左腕の筋肉バランス
・体幹の筋肉バランス
・右脚の筋肉バランス
・左脚の筋肉バランス

そうすることで、次はどんな運動をすべきかを認識するわけですね。

東京のジムでも測れる

最近では、フィットネスジムの中にInBodyが設置されていることがあります。

会員になると無料で測れるところもありますが、私の場合はチケットを買って計測します。
1回500円で丸裸(笑)

しかし、数値化することで目標にしやすくなるので、毎月測るようにすると結構楽しいです。
ここまで細分化して計測できる機械は、自宅用ではなかなかないので試してみると楽しいですよ。

 

InBody結果の見方を開設

結果の見方

計測結果の見方は、プリントアウトされた用紙にだいたい書かれています。

・体水分量
⇒健常者は体重の約50%~70%
⇒水分量が不足すると、老廃物を外に排出できなくなってしまいます

・タンパク質量
⇒体水分と共に筋肉を構成する主な成分
⇒タンパク質量が足りないということは、細胞の栄養状態がよくないことを意味します

・ミネラル量
⇒骨の状態を意味し、不足していると骨粗しょう症の危険性が高まります

・体脂肪量/体重/骨格筋量/BMI/体脂肪率
⇒外見はもちろんのこと、健康状態を左右するものですので平均値を目指しましょう

・ウェストヒップ比
⇒こちらは、海外の指標を元にしているのであまり気にしなくてもいいようです

・各筋肉バランス
⇒バランスが崩れるとケガの原因になるので、バランスを整えましょう

今月の測定結果

まずは、今までの測定結果を書いたブログを一覧にしておきます。

25歩目「10月インボディで丸裸」
52歩目「ファーストランニングやったったぁ&測定」
75歩目「運命のインボディ」

とりあえず、体重・体脂肪・筋肉量が今月の計測までどのように推移していったのかというと・・・

【体重】
10月 ±0
11月 10月結果からプラス1kg
12月 11月結果から変化なし
1月 12月結果から変化なし

4か月の成果 プラス1kg

【体脂肪率】
10月 ±0
11月 10月結果からプラス1%
12月 11月結果からマイナス2.5%
1月 12月結果から変化なし

4か月の成果 マイナス1.5%

【筋肉量】
10月 ±0(38%)
11月 10月結果から変化なし
12月 11月結果からプラス1.5%
1月 12月結果から変化なし

4か月の成果 プラス1.5%

という結果となりました。

この結果からわかることは、10月から本格的にトレーニングを始めたことで、11月には体重は増えたけど筋肉も増えたわけですね。
そこから運動を続けて、12月には体重は増えたままですが体脂肪が燃焼されて、脂肪が筋肉に取って代わっています(この頃、ちょっと痩せた?とよく言われ出しました)

で、今回の計測。
12月中にクリスマス・忘年会で暴飲暴食が重なり、一度目ん玉飛び出るくらいまで体重が上がったわけですが・・・。
その事実を知り、焦って後半戦運動を入れたり、お正月休みに運動したりして現状維持まで戻したと(苦笑)

結果から言っちゃいますと、昨年の目標はクリアできませんでした(涙)
やっぱり、食事かなぁ。
食事制限をしないのならば、もっと運動量を増やすべきでしたね。

今後の目標

こうやって数値化して比べて見ると、目では見えない身体の中の変化が見えて改善点が見えてきますよね。

ということで今後の目標は、運動量を増やしつつ食事にももう少し気を使おうと思います。
来年最初の計測では

「そら見たことか!」

と、鼻高々に結果を見せられるように(苦笑)
ぜひ皆さんも、自分の体改善計画の指標に一度測ってみてくださいね♪

by ぽけとみ

 
 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください