開脚で痩せる!若返り・痛みのケアまで!人気本にも書かれた簡単にできるやり方とは。

スポンサーリンク


どうも、久しぶりに柔軟したら硬くなっていたぽけとみです。

振り返れば幼少期。
まぁ、最初はみんなそうだと思いますが、子供の頃はグニャングニャンに柔らかかったわけで。

中国雑技団か!ってくらいに。

それが、学生時代を終えて会社勤めになり、柔軟なんて早々しなくなった頃には驚くほどガッチガチになっているんですよね。

柔軟性がなくなると、ケガが増えるのは周知の事実。
しかし、最近は柔軟性に対して新たな見解があるようですよ。

ヨガインストラクターのEikoさんが提唱する開脚ストレッチは、腰痛改善・ダイエット・若返りに効果があるんですって!

 


開脚ストレッチの効果

Eikoさんが出版した開脚ストレッチの本は、50万部を超える大ヒット作品。
これを読めばおばあちゃんだって、開脚をしてべたーっと床に体をつけることができるようになるんだとか。

開脚で得られる効果を調べてみると、出るわ出るわ。
これは、やるしかないですよ!

まずはご紹介したいと思います。

【ダイエット効果】で痩せる

開脚ができるようになると、下半身の筋肉が柔らかくなるんです。
下半身の筋肉は、全身の60パーセントを占める大きな筋肉。

筋肉は硬いよりも柔らかい方がパフォーマンスは上がります。

開脚ができるようになって、下半身の筋肉が柔軟性を持ち始めると代謝が上がるんですね。

【冷え性・むくみの改善】で痩せる

股関節にはリンパがありますから、開脚をすることによってよく動くようになるんですね。

リンパが刺激され流れるようになると、血流が良くなるので冷え性やむくみが改善されますよ。

最近の人は、歩く時も足だけを使って股関節はなかなか動くことがありません。
だからこそ、開脚を意識的に行うことで効果が得られるわけです。

【腰痛改善】で痛みのケア

股関節を開脚して動かそうとすると骨盤が動きますよね?

これにより、歪んでしまった骨盤が矯正されるようです。
さらに、私のようにお尻の横側が張ってしまってる人も、その周辺が動かされることでほぐされるんですね。
いわゆる、アクティブストレッチです。

人によっては、骨盤矯正やお尻周りのストレッチ効果で腰痛改善にも効果があるようです。

【若返り】効果に驚き

リンパの滞りがなくなり、代謝があがると、お肌の状態がよくなります。

代謝が上がったことで、じんわりと汗をかくようになりますしね。

実際、Eiko先生の教室に通う生徒さんたちは、驚くほどに肌がつるつるでした。

開脚ストレッチの簡単なやり方

出典:amazon

【股関節前後のストレッチ】
1.タオルを手に持ち、仰向けに寝て膝を立てます
2.タオルを右足の裏に引っ掛けて、右足の膝を伸ばします
3.ゆっくりとタオルを引っ張り、足を上に(行ける人はさらに頭側に)引きます
4.自分の痛気持ちいいところで、30秒間足を揺らします
5.逆足も同様に

【股関節左右のストレッチ】
1.肩幅より少し広めに足を広げて立ちます
2.上体を前にそらし過ぎないように、膝を曲げます
3.手の平を膝の内側に置き、手で膝を外側に押し広げるようにします
4.その状態で、20回ほど上下に体を腰から揺らします
5.左肩を内側に入れて、また20回ほど上下に体を腰から揺らします
6.逆も同様に

【股関節左右のストレッチその2】
1.立った状態で、足を広げられる位置まで広げます
2.膝を曲げながら上体を前に倒し、両手を床につけます
3.右膝を曲げ、重心を右にずらして伸脚し、そのまま体を上下に20回ほど揺らします
4.逆も同様に

【股関節左右のストレッチその3】
1.段差のない壁の前で仰向けに寝ます
2.お尻を壁にぴったりとつけ、足を天井に向けて伸ばします
3.重力を利用して、ゆっくりと脚を広げて行きます
4.たまに脚を揺らすと、少しずつ脚が広がります
5.この状態で1分ほどキープ

【股関節前後のストレッチその2】
1.背もたれあり・手すりありのイスを見繕います
2.背もたれを前に脚で挟むように座ります
3.脚を前側に出し、つま先を立てます
4.背もたれを持った状態で、上体をゆっくり後ろに逸らします
5.骨盤を前に突き出すように意識しながら、上半身を30秒間前後に揺らします

まとめ

どうでしょう?
それぞれのストレッチは、簡単にできそうですよね?

ちなみに、紹介されていたストレッチ5種のうち、すでに3種は私もやっているものでした。

股関節痛で通っていたスポーツ整体で教えてもらったものです。
やっぱり、腰痛・股関節痛に効果があるんですね。

そもそも男性は股関節が硬くて腰痛になりやすいですし、女性は股関節の歪みなどから冷え性になりがち。

老若男女、大人が抱える問題を解決してくれそうですね。
私もランニングのために、開脚ストレッチを取り入れていきたいと思います!

by ぽけとみ

 
 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください