Orangetheoryfitness青葉台店で初体験。ハートレートを駆使したトレーニング!

スポンサーリンク

どうも、筋肉痛で椅子に座ることが困難なぽけとみです。

トレーニング上級者になると、なかなか筋肉痛にならないらしいです。
そうなると、筋肉痛が至福の時になるんだとか(笑)

いや、無い無い無い無い。

超越しすぎですやん。

私は運動中級者レベルなので、非常につらいですけどね。
唯一の救いは、トレーニングをしてすぐに筋肉痛になってくれること。
まだ若いってことで、前向きにとらえるぞ!

そんな前向き30代の私ですが、今回はかなり気になっていたOrangetheoryというフィットネスジムに体験に行って参りました。
海外から進出してきたハートレートを使ったトレーニング。

気になる!!!
私の実体験と共に、皆様に一挙ご紹介しちゃいます。

 

Orangetheory Fitnessとは?


以前から気になっていた、Orangetheory青葉台に行って参りました!

Orangetheoryとは、米国フロリダ州発のフィットネス。
ハートレート計(心拍計)を指標に有酸素運動とストレングス・トレーニングを繰り返すインターバル・トレーニングです。
青葉台店は、日本で初めてのOrangetheory進出!
今でこそハートレート計を腕につけて運動をする人が増えましたが、大画面で現在の心拍数が掲示されるような施設は初めてなんじゃないでしょうか?

終ったあとに担当インストラクターの方に聞いたところ、なんと365日全て違う内容のフィットネスが用意されるらしいです。
内容を毎回変えるフィットネスなんて、聞いたことがないのでびっくり!!!

しかも!
その運動の中で消費されるカロリーは、500~1,000kcalとのこと!

成人女性が一日に摂取するカロリーは、1,800~2,200kcal。
つまり、60分の運動で約半日分のカロリーを消費するのです。

これは、やらないわけにはいかない!!

ということで、電車を乗り継ぎ青葉台まで行ってきましたよ♪

Orangetheory青葉台でハートレートトレーニング体験・前半戦

受付で簡単なアンケート


ジムに到着して、早々にアンケート記入。
体重も記入します。
なぜならば、体重は消費カロリーを計測するのに必要な指標なのです。

ということで、いつもだったら数キロさばよむところですが、さすがに正直に告白。
私、体重だけは誰にも教えまいと生きてきたので、世界中で知っているのは私とよく行くジムのスタッフさんとOrangetheoryのスタッフさんのみ。
だって、体重を知っただけで

「あぁ、意外と。あれですよね。」

みたいな空気になるんですもの!!!
しかし、ここはさすがにね。

アンケートを書き終わったら着替えをして、貸出のハートレート計を装着します。
会員になると3,650円でハートレート計をGETできるらしいですが、Orangetheoryの大画面にしか出ないので日々の計測はできないのかな?

チームに分かれて3種類のトレーニング

そしていよいよトレーニング。
トレーニング内容はクラスによって変わるらしく、内容は下記の通り。

・持久力トレーニング
・ストレングストレーニング
・両方をやるクラス

今日は、たまたま両方をやるクラスに参加することになりました。

まず、参加者を2チームに分けられます。

ストレングストレーニングを開始

私たちは初心者たちだったからということで、ストレングストレーニングスタート。

カヌーのトレーニングに使われるローイングという機械(写真右側のオレンジ色の機械)を使ったトレーニングと、ひたすら筋トレを繰り返す。
このローイングという機械は、全身の筋トレにもなるし有酸素運動にもなる優秀な機械。
大学のカヌー部って言ったら、メンバー全員逆三角形というイメージ。
やってみるとビックリするくらい全身がつらい!!!

目の前の大画面に、それぞれのハートレート計の数値が表示されます。
そして、心拍の数値によってブルーゾーン・グリーンゾーン・オレンジゾーン・レッドゾーンと色分けがされます。
狙うはオレンジゾーン。
85bpm以上の時にオレンジに画面が染まるのですが、このオレンジゾーンを12分以上キープするのが目標です。

心拍を上下させるのがきつい!

最初はまだ体力がありますから、ちょっと楽しくてぐんぐん引っ張ります。
とりあえず、グリーンゾーンからオレンジゾーンまで心拍を上げます。
その後、スクワット・腹筋・コアトレを一通りやってからの、もう一回ローイング。
これを3セット以上。

筋トレに移ると、筋肉は悲鳴をあげますが心拍はすっかり落ち着きます。
そしてもう一度、ローイングで心拍をがっつりあげる。

しかもこれで終わりかと思ったら、筋トレの内容が変わってとにかくいじめたおす。
ダンベルを持ってのサイドスクワット・ランジ・TRX。
地味につらいTRX。
TRXとは、天井からつる下げられた紐を使った自重トレーニング。
つまりね、自重(体重)が重いとそれだけ負荷が高くなるんですよ。

負荷MAX!!!
もっと、ひょろりんになってから来れば良かったわ・・・と後悔しながら、トレーニング。

意識的に心拍を上げ下げすることで、つらいもののなんとかクリアできるラインで調整してるんですね。
ただ・・・とにかくきっつい(笑)

笑顔の応援で踊らされる私

Orangetheoryでは担当インストラクターの人が、ぐるぐる全体を周りながらフォームの確認や、ハートレートの状況を確認して頑張るべき指標を示してくれます。
しかし、甘々の私は

「頼むから、来ないでー!!!」

と願っておりました(笑)
まぁ、願いは叶うわけなく、にっこにこのインストラクターさんに

「ぽけとみさん、もっと深く腰を下げてください!」
「ぽけとみさん、心拍上げるためにもっとスピーディにローイングを引いてください!」

う、うんっっっ!!!
負けず嫌いの本領発揮で、結局がっつり踊らされてしまいました(笑)

 

Orangetheory青葉台でハートレートトレーニング体験・後半戦

お次は持久力で追い込む

足が・・・がくがく言うておる・・・。
この時点で30分しか経過してないという、衝撃の事実!!!

もう片膝をついての私に対して、担当インストラクターさんから後半戦の宣告。
今度は、持久力ですよ!

ウォームアップで温める

トレッドミルという機械(前項、写真左側の機械)に移ります。
大手フィットネスジムには必ずと言っていいほど導入されている、ウォーキング・ランニングに使われるマシーン。
こちらに移ってやることと言えば、とにかく走るのです。

まず、走る上での自分のベーススピードを見つけます。
最低ラインは時速7km。
普段のラントレでのベーススピードが8kmだった私は、とりあえず時速8kmにセットして約1分の軽いランニング。
すでに筋トレで疲弊している下半身は、このウォームアップですらつらい(笑)

心拍をとにかく上げる

しかし、本番はここからでした。

まずは思いっきり代謝を上げる!
ベーススピードから速度を時速3kmプラスして走ります。
終ったらちょっと休憩でウォーキング。
休憩と言っても1分しかないけどね!!!

休憩したら次のステップへ。
傾斜をぐんと上げます。
坂道を上がる時のトレーニングですね。
これが、すげーつらい(笑)
スピードは同じなのに、どんどん心拍数があがります。
そっとペースを下げてしまおうかどうしようか悩んだくらいの時に、もう一度休憩ウォーキング。
た、助かった。

追い込み過ぎて灰になる

そして、最後の追い込みです。
ベースペースでもう一度心拍を上げたら、そこから速度を上げて1分間。
終ったらベースペースに戻す。
今度は、傾斜もつけてスピードも少し上げて2分間。
ベースペースに戻して少しだけ休憩(って言っても、走ってるから全然休めない・笑)
すぐに傾斜プラス・スピードプラスでラストスパート!!!

終った時には、まさに灰になった矢吹ジョーのように誰とも話せない状況になっておりました(笑)

ハートレートトレーニングの結果

Orangetheoryから送られてくる結果

クラスが終わると、その回に参加した人の全員の結果を見ながら、これだけみんなでがんばったんだよぉという総評がされます。
そして、その結果(自分のだけ)は最初のアンケートで書いたメアドに送られてくるのです!

どどん。
ハートレートの目標であったオレンジゾーン12分は、大幅に超えて25POINT!
確かに、基本オレンジだった気がするわ、後半(笑)

さらに、注目すべきは消費カロリー!
なんと629kcalも消費しました。

Applewatch2で測った結果

ちなみに、同時に計測していたApple watchの結果だとこちら。

ズレがありますね。
Apple watchがカバーしている運動の種類は少ないので、その分計測が甘くなってしまっている可能性はあります。
ということで、間をとって450kcalくらい?

そう考えても、かなり効率的なフィットネス!

運動後のアフターバーン効果

その分、終わった後の筋肉痛はすごいですけどね(笑)
終って数時間した時には、女子はなかなか使わない肩・背中・腕等の筋肉が早々に悲鳴をあげましたから。
何より、下半身の筋肉がやばい。
駅の階段のうらめしいことと言ったらなかったです。

これだけ筋肉痛になる運動。
アフターバーン効果があるらしいですよ!
アフターバーン効果とは、運動後に代謝がぐんと上がり、脂肪を燃焼し続けてくれる効果なんだとか。
なんと、そのアフターバーン効果が約36時間も続くんだそうです!!!
すんばらすぃー!

Orangetheoryの気になる価格

これだけ効率的なOrangetheory。
気になるのは価格ですが・・・

・ベーシック会員:4回/月:9,000円
・エリート会員:8回/月:12,000円
・プレミア会員:無制限:16,000円

普通のジムに比べれば少しお高めですが、効率を考えると安いかも。
気になる方は、無料体験がありますのでぜひ1回やってみてください!

まとめ

「痩せる」を目標にしても「引き締める」を目標にしても、筋トレと有酸素運動の組み合わせは切っても切れない関係です。
その意味で言うと、両方を一気にやれてこれだけ追い込めるトレーニングはなかなか無いかも。

しかも、それぞれの運動負荷等はある程度自分でも調整できるので、参加者にはお年寄りも多いらしいですよ。
運動初心者でも、自分で調整しながらやる分には挑戦できる範疇です。

それにしても、やっぱりフィットネス大国から入ってくるプログラムはワクワクさせるものが多いですね。
運動をしながら、どこかゲーム要素的な「クリアしたい」気持ちを掻き立てる演出がされています。

やらされている運動は長続きしませんが、楽しくてやっている運動は続くんですよね。
うん、考えられたプログラムだった!

しかし、ここでひとつ注意。

青葉台という立地のため、ついうっかり帰りに中華街に引きつけられてしまう恐れがあります。
私のように、食べ放題で死ぬほど食べないようにね!!!

まんまと小籠包に惑わされたぽけとみの、Orangetheory体験記でした。

さぁ、次は何に挑戦しようかなぁ♪

by ぽけとみ

 
 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください